役員

PRUFTECHNIK は、現在も独立した、家族経営企業です。創立以来 40 年間以上、Busch 家はこの会社を発展させてきました。そして、すでに世代の交代が起こりました。2007 年に、Dieter Busch はドクター Sebastian Busch に社長の座を譲りました。


ドクター Sebastian Busch は、PRUFTECHNIK グループの取締役に就任する以前は、長年の間、重役の座を勤めてきました。伝統と経験は、事業部門の最高幹部にも反映されています。役員の座は、長年 PRUFTECHNIK に勤務してきた社員が占めています。この継続性と優秀性の企業文化が、弊社のお客様や従業員に自信を与えます。

 

ドクタ Sebastian Busch - プルーフテクニック AG 社長兼 CEO

ドクター Sebastian Busch

プルーフテクニック Dieter Busch AG 社長兼 CEO

プルーフテクニック Condition Monitoring GmbH 常務取締役

ドクター Busch は、ビジネス サイエンスの博士号を取得しており、2004 年より当グループの重役を務めてきました。2009 年以来、PRUFTECHNIK Dieter Busch AG の唯一の運営委員として、すべての国内および国外子会社を統制しています。

ドクタ Thomas Rohe - プルーフテクニック AG 取締役

ドクター Thomas Rohe

プルーフテクニック Dieter Busch AG 取締役
プルーフテクニック Condition Monitoring GmbH 常務取締役

2014年、トーマス・ローエ氏はプルーフテクニック Dieter Busch AGの取締役に就任し、当社の経営陣を一層強化しました。 同氏は著名な研究機関や製造業会社において数多くの要職を歴任した後、プルーフテクニック に加わりました。 leitenden Funktionen in namhaften Forschungseinrichtungen und  物理学博士でもある同氏は、プルーフテクニック において研究開発、生産、販売の分野を統括しています。 Physiker die Bereiche Entwicklung, Produktion und Vertrieb.

ドクター Thomas Knöll - プルーフテクニック NDT GmbH 常務取締役

ドクター Thomas Knöll

プルーフテクニック NDT GmbH 常務取締役

Thomas Knöll は物理学を専攻し、1996 年に Pプルーフテクニック NDT にアプリケーション エンジニアとして入社。2000 年に プルーフテクニック NDT GmbH の常務取締役に就任。