OMNITREND Center

次世代の状態監視

OMNITREND Center - 解析エディタ-マルチビュー

コンディション モニタリング デバイス向けの新しいソフトウェアプラットフォーム

 

  • 測定を簡単に設定
  • 必要な解析ツールのすべてを提供
  • 詳細なアラーム管理と設定
  • 見やすい Model Editor によるギアボックスのモデル化
  • 対話型のレポート
  • 高度なModbusサポートによるPLCとのシームレスな通信。
ご不明な点はございませんか?

ご不明な点はございませんか?

サポート担当者が
対応いたします。

連絡フォーム

OMNITREND Center - 解析エディタ-3Dウォーターフォール

オムニトレンドセンターは、 プルーフテクニック のコンディション モニタリング システムビブガード、VIBROWEB XPVIBRONET SignalmasterVIBXPERTシリーズに適した強力なソフトウェアスイートです。簡単測定設定、データ管理、アーカイブ、解析およびレポート機能など欲しい機能が最新のソフトウェアプラットフォームにすべてひとまとめにされています。


オムニトレンドセンターはシングルまたはマルチユーザー環境用に提供されています。ツリーベースの資産管理構造を使用すると、測定値内を簡単にナビゲートできます。オーバーオール値のダイナミックな帯域アラーム、3D-FFTウォーターフォールダイアグラム、傾向予想の統計アルゴリズム、トレンドスムースはオムニトレンドセンターの傑出した機能のほんの一例にすぎません。


直線的または遊星ギアボックス – マルチステージ駆動モデリングで今までになく簡単で、効率的、正確な解析。高度な対話型レポート ツールを使用すれば、関連部門、そしてサードパーティー製の事後処理またはCMMS ソフトウェア ツールと結果を共有できます。

 

 

 

 

オムニトレンド 2.9xまたはビブガード Viewerをお使いのカスタマーはそれらのインストールをオムニトレンドセンターに移行することが可能です。

詳しい情報はお近くのプルーフテクニック代理店にお問い合わせください。


OMNITREND Center 2.2.0

 

OMNITREND CENTER Version 2.2.0の新機能

  • 後処理 => 時間波形計算がスペクトルに
  • MS SQL Serverワークスペースが利用できるように 
  • VIBXPERTと組み合わせた目視点検
  • グラフ内でズーム&スクロール - 新機能 帯領域ズーム
  • VIBCODEを機械テンプレート内で設定可能に


システム要件
OMNITREND Center クライアント / シングルユーザー

  • ディスプレイ:3Dグラフィックカード
  • プロセッサ:デュアルコア 2.4 GHz以上
  • メモリ、RAM:3 GB、4 GB以上推奨
  • ストレージ容量:5 GB空き
  • オペレーティングシステム:Windows 10 Professional、Windows 8 Professional、Windows 8.1 Professional、Windows 7 Professional


OMNITREND Center サーバー

  • プロセッサ:クアッドコア 3 GHz(Windows 7の場合2.7 GHz以上)
  • メモリ、RAM:最小6 GB、16 GB以上推奨
  • ストレージ容量:15 GB空き
  • オペレーティングシステム:Windows 10 Professional、Windows 8 Professional 64 bit、Windows 8.1 Professional 64 bit、Windows 7 Professional 64 bit (SP1)、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012


Microsoft SQL Serverワークスペース

  • Microsoft SQL Server 2012またはそれ以上のすべてのバージョン
  • オンラインシステムには標準バージョンか、それ以上のバージョンを使用する必要があります

ソフトウェアの詳細: