Pruftechnik

お問い合わせ

製品またはサービスについての問い合わせはすべてプルーフテクニックチームにご連絡ください。

お問い合わせ

最寄りの代理店を探す

プルーフテクニックは世界70か国以上に展開しています。

地元の連絡先を見つけてください。

連絡先に
日本
PRUFTECHNIK K.K
Hoshikawa Sanchoume Building 3-3-29
240-0006 Hoshikawa,Hodogaya-ku,Yokohama-city Kanagawa
日本

CENTRALIGN Ultra RS5

センタラインウルトラRS5 - ボア、ベアリング、ダイアフラムのアライメントの理想的なソリューション

CENTRALIGN Ultra RS5

どのような直径のボアにもフレキシブルに対応するソリューション

45mmから4233mmまでの直径を測定

ビデオを見る

使いやすく正確

シングルレーザーテクノロジー、内蔵傾斜計、ワイヤレスデータ送信により、セットアップと測定中の時間を節約します

長距離測定

最大50 mの長距離(ロングレンジレーザー)

見積書作成

オンラインフォームに必要事項を記入してお送りいただきますと、弊社から無料で見積書をお送りいたします。

オファーをリクエストする

メンテナンスコストを削減

レーザーアライメントを使用した場合のメンテナンスコストの節約についてシミュレートするには、弊社のROIカリキュレータをご利用ください。

節約額を計算する

製品無料デモのスケジュールを立てる

メッセージをお送りいただきますと、貴社での製品無料デモのスケジュールを立てるために弊社からご連絡を差し上げます。

製品デモに同意する

センタラインウルトラ – 高度なジオメトリックレーザーアライメントに最高の1台ー

  • 独自のブラケットおよび測定テクノロジーを用いた真のボア中心測定

  • 相対ボア中心線測定:偏心エラーの特定

  • ボアにわたって3点以上測定することにより、最高精度を実現

  • ボア直径用ユニバーサル ポインターブラケット、大型ボアブラケットおよびカスタマイズされたブラケットを準備、対応サイズ45 mm (1.77“) ~4.230 mm (166.5“)

  • Long Range Laser(ロングレンジレーザー)を使って最大50 m (1,968.50”) の距離までの対応可能

  • マグネットボアおよびノンマグネットボア両方の測定が可能

  • 傾斜計を内蔵:任意の角度位置で測定を開始し、任意の方向に実行可能

  • センサーとハンドヘルド機器間でワイヤレスデータ送信を実現

  • レーザー ドリフトの自動補正用コントロールセンサー(オプション)

詳しくは

製品詳細…

製品説明

タービン、燃焼エンジン、コンプレッサ、ポンプの適切な修理および再調整には、ローター、クランクシャフトおよびカムシャフトボア、シリンダーボア、クロスヘッド ガイドの正確なアライメント測定が必要です。

センタラインウルトラ RS5は、ベアリングリング、ダイアフラム、ノズル、内部ケーシング、上部を取り付けた、あるいは取り外したタービンケーシングのような、回転機械のボアや内部要素の測定およびアライメントのために設計されたレーザーアライメントシステムです。ピアノ線、マイクロメーター、扱いにくいセオドライトを使った伝統的な方法に代わるはるかに便利で高精度の測定を提供します。

センタラインウルトラ RS5の測定方法は機械の一端に取り付けられたレーザーエミッターを使用しており、このレーザーがボアのほぼ中央を貫通しています。このレーザーはリファレンスラインとして使われます。センサーは、測定するボアに特許取得済みユニバーサル ポインター ブラケットを使って 取り付けられます。ボアの内部でセンサーとブラケットヘッドを単に回転させることによって、ボアの正確な回転中心線が定まります。レーザーに対する位置の相対的な偏差をセンサーが記録し、測定したデータをロータラインウルトラコンピュータへ送信します。この情報を 関連する機械の寸法とともにコンピュータが処理し、正確な中心位置を算出します。ロングレンジレーザーを使用した場合、レーザーとセンサーの間の距離は最長で50メートルまで増えます。

テクノロジー

センスアラインシリーズはプルーフテクニックのシングルレーザーテクノロジーを基にしており、高精度の測定結果が得られ、 現場での取り付けと測定が非常に簡単です。

センタラインウルトラ RS5 とのジオメトリック測定については、当社のビデオをご覧ください。

センタラインによるスクリュープレスの穴調整
タービンアライメントセンタライン

変更点

ファームウェア ロータラインウルトラ 3.12

ロータラインウルトラ 3.12には以下のものが含まれます:

シャフトアライメント 3.11、フラットネス 3.10、ストレートネス 3.10、ライトアングルチェック 3.10、ライブトレンド 3.10、ボアアライメント 2.40およびハイドロパワー 2.20

これは、ロータラインおよびセンスアライン両方の測定センサー/レーザーに対応した、シリアル番号が4321 3xxx(5桁目は3以上)のロータラインウルトラコンピュータALI 4.202用に利用できる最新のファームウェアです。

アップデートにはプルーフテクニック公認のUSBメモリースティックが必要です。アップデートを進める前にマニュアルを注意深くお読みください。

ロータラインウルトラ 3.12:

  • RS5レーザー用ボアアプリケーションサポート

ロータラインウルトラシャフト、フラットネス、ボアアライメントおよびストレートネス ファームウェア1.84:

これは、ロータラインウルトラコンピュータALI 4.200用に利用できる最新のファームウェアです(青いフェースプレート)。アップデートには、シャフトバージョン 1.26、フラットネスバージョン 1.20、ボアアライメント 1.11およびストレートネスバージョン 1.14が含まれます。デバイスのアップデートにはUSBスティックが必要です。

更新が必要ですか?