Pruftechnik

お問い合わせ

製品またはサービスについての問い合わせはすべてプルーフテクニックチームにご連絡ください。

お問い合わせ

最寄りの代理店を探す

プルーフテクニックは世界70か国以上に展開しています。

地元の連絡先を見つけてください。

連絡先に
日本
PRUFTECHNIK K.K
Hoshikawa Sanchoume Building 3-3-29
240-0006 Hoshikawa,Hodogaya-ku,Yokohama-city Kanagawa
日本

回転渦流システム

長手方向の欠陥を検出

回転渦流システム

半製品のための信頼できる品質保証をご提供

ワイヤー、バー、シームレスチューブ用

4サイズの回転システム

あらゆる生産ラインに適合する1.9〜140 mmの直径をカバーする製品ラインナップ

高速渦流試験

伸線または巻き取りシステムで最大2.8 mm / sの材料処理速度

見積書作成

オンラインフォームに必要事項を記入してお送りいただきますと、弊社から無料で見積書をお送りいたします。

オファーをリクエストする

製品無料デモのスケジュールを立てる

メッセージをお送りいただきますと、貴社での製品無料デモのスケジュールを立てるために弊社からご連絡を差し上げます。

製品デモに同意する

半製品のための信頼できる品質保証をご提供

  • オフライン、ライン内および連続的な試験

  • 4 つの提供サイズ:
    - RS20:2–20 mm (1/16–3/4 インチ)
    - RS35HS:3–35 mm (1/8–1¼ インチ)
    - RS65:5–65 mm (3/16–2½ インチ)
    - RS130:20–130 mm (3/4–5 1/8 インチ)
    - RS140: 10–140 mm

  • 最適な信号と欠陥の相関関係のための距離補正システム搭載

  • 頑丈な設計

詳しく知る

製品詳細 …

回転システム RS20

優れたセンサー設計の渦電流試験システム

  • 直径 2 ~ 20 mm の縦欠陥検出による半製品の品質保証

  • センサー ディスク全体を交換するため、最小の変換回数で異なる口径に変更可能

  • センサーに稼動部品がないため、耐久性に優れています

  • 小型設計のため、生産ライン (引き抜きライン) での設置に最適

  • 最高 2.88 m/sの高い材料スループット速度による、ギャップのない試験

  • 距離補正システムによる正確な欠陥信号

口径 2 –20 mm の管、ロッド、ワイヤーなどの丸形金属製品の非破壊渦電流試験のための RS20 回転システムは、高いスループット速度を達成し、小型で頑丈な設計のため、生産ラインへの設置に最適です。


新設計のセンサー

口径の異なる金属棒やワイヤーを生産している場合、口直径を変更するたびに渦電流試験システムを再設定する必要があります:新しい口径を設定し、ガイド スリーブを交換し、試験パラメータを調節します。口径を変更し、スライディング キャリパーの設定を確認する作業は、多くの場合、複雑で時間がかかります。

プルーフテクニック NDT GmbH は、新しい RS20 回転システムでまったく新しいアプローチを取っており、特定の口径のセンサー ユニット全体を交換します。

このソリューションの利点は、通常 3 分以内という口径の変更速度だけでなく、センサーに可動部品が含まれていないため、センサー ユニットの頑丈さにもあります。

回転システム RS35HS

高速回転システム

  • 高速度応用における縦欠陥の特定

  • 口径範囲:3–35 mm (1/8–1¼ インチ)

  • 6 000、9 000 および 12 000 rpm の回転速度により、高速の試験が可能です

  • 線引き、冷間圧造、スプリング製造などの応用のライン内およびオフライン検査

  • 装置を開けることなく外側から簡単な口径調節

RS35HS 回転システムは、ユーザーフレンドリーな操作のために設計されています。セットアップ モードと試験中のいずれでも、装置を開くことなく新しい材料に交換できます。すべての手続きを外部から実行できるため、安全性を改善し、交換時間全体を短縮できます。

RS35HS は、金属棒、ワイヤーおよび継目無管の縦欠陥を高速で検出できます。欠陥と平行方向に移動する標準のコイルとは異なり、回転システムのプローブは、縦欠陥を複数回横断しながら試験片のまわりを回転するため、欠陥の特性を正確に把握できます。このシステムは回転速度が速いため (最高 12 000 rpm)、高速でも表面を確実にスキャンできます。距離補正システムによって提供される精度により、プローブと試験材の間の隙間の偏差を補正し、高い信頼性で欠陥を検出できます。

回転システム RS65

縦欠陥の試験

  • 縦欠陥の特定

  • 口径範囲:5–65 mm (3/16–2½ インチ)

  • 最適な信号と欠陥の関連付けのためのリフトオフ補償システム

  • 頑丈な設計

RS65 プルーフテクニック 回転システムは、管、棒またはワイヤーの縦欠陥を高い信頼性で検出します。欠陥と平行方向に移動する標準のコイルとは異なり、回転システムのプローブは、縦欠陥を複数回横断しながら試験片のまわりを回転するため、欠陥の特性を正確に把握できます。

距離補正システムによって提供される精度により、プローブと試験材の間の隙間の偏差を補正し、高い信頼性で欠陥を検出できます。

回転システム RS140

大口径の縦欠陥の試験

  • 縦欠陥の特定

  • 口径範囲:10–140 mm(3 / 8–5 1/2 ")

  • 2つのテストプローブ上の8または4つの差動チャネル

  • 最適な信号と欠陥の関連付けのためのリフトオフ補償システム

  • 柔軟なプローブ アームの付いた頑丈な設計

プルーフテクニック 回転システムは、管、棒またはワイヤーの縦欠陥を高速かつ高い信頼性で検出します。欠陥と平行方向に移動する標準のコイルとは異なり、回転システムのプローブは、縦欠陥を複数回横断しながら試験片のまわりを回転するため、欠陥の特性を正確に把握できます。

距離補正システムによって提供される精度により、プローブと試験材の間の隙間の偏差を補正し、高い信頼性で欠陥を検出できます。