「最新レーザーアライメント&タービン保全テクノロジー」を 開催いたしました

2017年7月28日(金)、 『レーザーアライメントセミナー -最新レーザーアライメント&タービン保全 テクノロジー- 』を、TKPカンファレンスセンター品川にて開催し、電力業界をはじめ多くの企業の ご担当様にご参加いただきました。 プルーフテクニックでは、このためにヨーロッパとシンガポールよりアライメント、振動解析の技術者を 招聘し、セミナーでご紹介すべき情報やノウハウについて精査を重ねました。

 

セミナー開催概要
日時 :2017年7月28日(金) 15:00~17:00 懇親会 17:00~19:00
会場 :TKPカンファレンスセンター品川

 

セミナー第一部 - 回転機械におけるシャフトアライメント-
国内外におけるプルーフテクニックのサービス概要のご紹介から始まり、設備の運用コストに対して
シャフトのアライメント(芯出し)の精度がどのように影響するかまでをご紹介いたしました。

セミナー第二部 -最新レーザーアライメント&タービン保全テクノロジー-
 第二部では、発電設備に特化して、タービンの同芯度や真円度、基礎の平面度測定へレーザー アライメントを応用するための原理と測定方法をご紹介いたしました。 設備の中でも、特にコストの問題を抱えている基礎の平面度について、実際に回転レーザーによる 測定方法を実演しながら、ご質問いただきましたお客様を交えた積極的な意見交換が 行われました。

 

懇親会
セミナー終了後は、隣室に準備されたドリンクと食事を楽しみながらのパーティを開催。 レーザー機器を実際に操作していただいたり、現場でのトラブルについて海外スタッフへ直接 ご相談いただいたりと、自由にご利用いただける有意義な2時間となりました。

 

【次回のセミナーは2017年10月27日、東京で開催予定】
「振動解析」をテーマとして、より多くの事例のご紹介を盛り込む予定でございます。
 次回も多くのお客様の参加をお待ちしております。